和風と洋風のどちらにするか

結婚式を挙げるためには、まずは結婚式場を決めなければなりません。もっとも、結婚式場の選択肢は、無数にあるため、あらかじめどういった式にしたいかというイメージを持っていないと、いつまでたっても決められないという事態に陥ってしまうおそれがあります。そのため、式場探しを始めるに際しては、まずはじめにすくなくとも和風と洋風のどちらがよいかという点だけでも決めておくと良いでしょう。和風の式がよければ、ホテルに加えて、広い日本庭園を有する古民家や由緒ある寺社仏閣なども候補に入れることができます。一方、洋風の方がよければ、洋館なども良い選択肢となり得ます。最初に候補を絞り込んでおけば、式場探しをスムーズに進められるはずです。

第一印象を重視しよう

結婚式場の候補がある程度絞り込めたら、次にその中から興味があるところを選んで実際に訪問してみるようにしましょう。訪問時にもっとも重視すべきなのは、第一印象です。第一印象が良いかどうかで施設に対するイメージが大きく違ってきますので、一目見て何か違うと感じた場合には、その施設は候補から外した方がよいかもしれません。逆に、第一印象が自分の希望にぴったり合う場合には、他の希望条件を多少満たしていなくても、理想に近い結婚式が挙げられるはずですので、そういった施設はなるべく候補として残しておくのがおすすめです。なお、第一印象は建物の見た目だけでなく、スタッフの接客態度や館内の雰囲気などを総合的に見て判断するとよいでしょう。

結婚式を格安にしたい場合は、平日などに適応される割安プランを活用したり、少人数または家族のみでの結婚式など招待する人数を制限することがポイントになります。